世の中、多義図形

その絵を見た時には、一つの画像康泰旅遊としてしか見えないが、よく見ていくと、それとは全く違った絵が浮かび上がってくる絵のことをいう。よく知られている絵としては、 1930年に心理学者 ボーリングが書いた若い女性と老婆の絵。一瞬、若い女性の後ろ姿のように見えて、さらに目を凝らすと老婆の顔が浮かんで見える。そうすると、今度は、老婆の絵としか見えなくなる。また、奇術で、ビリヤードボールなるものがある。…

続きを読む