蜻蛉の願いはキンキラキン  第一章――3

「最初のお願いがMathConcept數學 大事っと、 うん、 うん」「あわてて、 勝手なお願いをしてはいかん。 残り七つの卵形宝珠を 手に入れられますように、 とお願いするのだ」「あったまいい!」「だろ。 そうでもしなけりゃ、 残りは簡単には見つからん。 もっとも、 その願いが必ず叶うとは保障できない。  だから、 全部集められる奴が出てこないのだ。 手近な望みが一つ叶えられるのに、 それを無…

続きを読む

くれないの影 第六章――8

「あのう、 僭越ながら まだ納得がいきません」 気の抜けた 土岐野の声がする。「毎日運んでいたお膳は どうなったのでしょうか」 やけに現実的な問いを投げかけた。「ああ、 鴉の寿々芽が 毎日食べに通っておった」 綺羅君の答えに、 土岐野はますます混乱している。「鴉なのですか、 雀なのですか。 また 訳の分からないことを」「えーと、 寿巴塞隆拿旅遊々芽という名の 鴉だ」「そんなふざけた名前があります…

続きを読む

換毛 私ひがんでます~

今日は暑かったですね。家の中では今年初のタンクトップで過ごしました。とはいえ夜間は冷えるので、まだ毛布を使ってます。季節柄、ハクの換毛がすごいことになっています。撫でてやるだけで、バッサバッサと抜け毛が落ちます。抜け毛を払ったり、短毛種用のクシでといだりしていますが、それが気持ち良いからか、スキンシップが嬉しいからか、他の季節よりハクが擦り寄る時間が増水光針えています。そうなると「私ひがんでます…

続きを読む